深海の

沈むポポロは風を知らない。

沈むポポロは青を響かせ

笑う。

やっと沈めた。やっと沈めた。

広大に広がる青の中の一筋の光に惹かれ。膨大な彼方の無数の光は眩し過ぎて見えない。


近いようで遠い。

あれが欲しい、あれが欲しい。


それは遠い昔のもの。


沈むポポロは知れない

沈むポポロは青を響かせ

青い卵はポポロを知ってる。

陽炎のようなあなたがもどかしくて

それはまた一夏の夢のように。

沈むポポロはまだまだ沈み

沈み静まるこの時間

雫静かに海に落ちて

下に滴り

青に染めるか。


ポポロは知らない。

求めるほど遠く

近づくほど見えない。

あなたを知る私が私を知らなかったあなたを知らないなら、私はあなたを知らずにすむのだと。

青は沈まない。 


沈むはポポロ。

落ちるはポポロ

深海の