第三食

03奇怪なディナー


「到着いたしました」

ベンツが家の策を通り過ぎると屋敷が見えた。

蓮さんがドアを開けてくれる。

京子から話は聞いていたがこれほどのものだったとは。

「美島家へようこそ 【平沢】くん」

ユリエさんが素敵な笑顔をこちらに向ける。

今俺に言ったんだよな。

 

蓮さんたちに続いて歩き出そうとした俺を京子が止める。

「本当は来て欲しくなかった、これから先大きな衝撃を受けると思うけど、お願い。出来るだけ平然を装って

耳元で囁かれた。

「それってどういう」

俺の言葉は蓮さんによって遮られた。

「こちらですよ、お二人」

手を大きく振り俺たちを呼ぶ。

「あっ今行きます」

俺は手を振りかえす。

それにしても京子は何を言っているんだ?

お金持ちならではの文化の違いがあるのだろうか?家の中では服を着ないとか?

「ただいま戻りました。」

「お待ちしておりましたよ」

なんと言うか、一流ホテルのエントランスのような。

天井から美しい紅梅色の証明が降り注いでいる。

迎え入れてくれたのは優しそうな女性と可愛らしい女の子だった。

「こちらがお母様、でそこの子が妹のアイナよ」

みたところ、四、五歳だろうか。ぎこちないお辞儀を見せてくれた。

「あのお母様、アキラは夕食を食べていかないの。帰りが遅くなっても、あれだしねっ」

「え?いいじゃない、せっかくなのだし、ご両親にはこちらから連絡しておくから、ゆっくりしておいきなさい」

「はい、ありがとうございます」

俺はお辞儀をした。

京子は肩を落とす。

「ママ、おやつ」

美島妹が指をくわえ、こちらを見つめる。

「おやつはさっき食べたでしょ〜もう」

美島母は微笑んだ。

美島妹がこちらを凝視している。

口元を裂いてにんまりと笑う顔はなんと言うか、ぞっとした。

 

「食事の準備は整っております」

部屋の奥に向かって行った蓮さんが戻ってきた。

そこにいた皆は顔を上げ笑顔を見せた。だた、顔を真っ青にした京子を除いて。

蓮さんとその他の使用人さんたちが食事を運んでくる。

変わった匂いだ

生暖かい重量感のある匂い。

胃の奥まで伝わってくる。

京子のお父さんは意外に気さくな人だった。

「それでは若い二人に乾杯」

グラスを鳴らす。

「落ち着かないわねぇ、彼氏の前で

緊張しすぎよ、キョウコ」

「あっあはは。私ったら」

京子の行動に違和感を覚えつつ、スープをすする。

この肉はなんだ。やけにとろみがある。

「いかが?」美島姉が聞いてきた。

「そうですね、初めて食べる味です。いけますね!」

美島姉はきょとんとした顔をした。

何か失礼なことを言ったか心配になり、京子を見る。

京子、なんでそんな顔をするんだ。

なんでだ、まるで余命が迫る肉親を見るような

 

蓮さんが大きい鍋を引いてきた。

「では、本日のメインディッシュ

人肉の鍋です」

 

さっきのスープに何か浮かんでいた。人の歯だった。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    にしひろ (金曜日, 26 9月 2014 18:55)

    初見です。
    ぞくぞくしましたw
    ひき肉、、、。ゴクリ
    続きか楽しみです!